占い師mikata.|吉祥寺|日本人のための四柱推命

吉祥寺の四柱推命占い師mikata.のブログです。

必見!「当たる占い」を探している方へ、知っていただきたい大切なこと。【運勢編】

f:id:mikata-uranai:20170818144312p:plain

「当たる占い」を探している方へ、知っていただきたいこと。

みなさんは、占い師を探すときに、
どのような項目を指標にしていますか?

・当たる占い(的中率)
・金額
・場所(対面鑑定の場合)
・占い師の人柄
・口コミ、評判

だいたい、このような項目が上がると思います。

占いの館や、占い師さんのキャッチフレーズを見ると、
大多数が、上から3つの項目を使っていると思います。

そして、特に占い好きの方はご存知のように、
「実は占い師の"良し悪し"って、判断するのがとても難しいのです。」

なぜ、良い占い師を見つけるのが難しいのか?

なぜなら、「当たる占い」という定義が、とても曖昧だからです。

金額や場所、口コミの指標は、比較ができる項目なので単純明快です。

しかし占い師の場合は、単純比較できる項目だけでなく、
「当たる占い」なのか、その占い師の言葉は参考になるのか
という重要な項目を避けて通れないからです。

じゃあ「的中率99.999%!」とか「絶対に当たる!」という、
極端なキャッチフレーズを信じて良いのかというと、
それはそれで胡散臭い。

ここで僕が言いたいことは、
「そもそも"占いが当たる"ってどういうこと?」を
占い師自身も、お客様も、理解しないといけない。

ということなのです。

そもそも、"占いが当たる"とは?

例えば、結婚運を例に挙げます。

僕が扱う四柱推命という占いでは、
「結婚運は人生の中で、何回も巡ってきます。」

f:id:mikata-uranai:20170818141737p:plain

つまり、占い師が
「あなたは●●歳に結婚するでしょう。」と言うのは、

人生の中で何回も巡ってくる結婚運の中から、
直近のもの、もしくは一番可能性の高いものをピックアップしているのです。

これが占い師から見た、結婚運の見方です。

f:id:mikata-uranai:20170818151144j:plain

 

ここで気づいていただきたいことは1つ。
「運勢に100%は、ありえない。」ということです。

結婚運の可能性が90%の運気のときでも、
10%は結婚できない可能性があるのです。

 

結婚の可能性90%の運気のときに、
ご結婚されたら「占いが当たった」となりますし、

結婚の可能性90%の運気ときに、
ご結婚が成就出来なかったら「占いが当たらなかった」となる訳です。

 

ではなぜ、
結婚できる人と
結婚できない人に道が分かれてしまうのか?

 

占いが当たるか当たらないか、それを左右するのは
お客様の準備や行動によって、結果の差異が出てくる。
ということなのです。 

結婚運を掴み取るための準備??

そもそも占い以前に、
「結婚」というゴールに辿り着くためには、
いくつかの課題をクリアしないといけません。

[結婚への課題]
1.自分自身を知ること、自信を持つこと
2.どのような相手が合っているのかを考えること
3.最低限のコミュニケーションが出来ること
4.気が合う人が居そうな場を探し、積極的に出逢いを増やすこと
5.結果がすぐに出なくても諦めず、継続的に努力をすること

もちろん、
上記の課題全てを満たさないと結婚が出来ない。

という訳ではありませんが、

一つでも多く課題をクリアすることで
可能性が90%から95%に上がったり、

逆を言えば、運任せにして全く行動せずにいると、
90%が0%になることもあるのです。

つまり、
結婚運が「当たる当たらない」の違いが出てくるポイントは、
ここにあります。

 

運を知って、努力する。

ある意味残酷ですが、
この一言に尽きるのです。

努力するための最適な方法や、
運勢のタイミングをお伝えするのが、
占い師の役目であり、アドバイスが出来る範囲なのです。

お客様の見えていない部分を、
占いの観点からアドバイスをして、
「お客様の努力が報われる確率が、少しでも上がるようにする。」

そういったお仕事なのです。

占いを当てるために必要なことは、占い師とお客様が協力をすること

つまり「占いが当たる」ためには、
占い師とお客様の共同作業が必要なのです。

占い師と一緒に、占いを当てましょう。

より良い人生にしていくために、二人三脚をしていくのです。

補足

今回お話ししたことは、
「吉暗示」を基準にしています。

「凶暗示」については、むしろ
「占いが当たらない方が良い」ので、
凶暗示が回避できるように、
占い師とお客様が協力しないといけません。