占い師mikata.|吉祥寺|日本人のための四柱推命

吉祥寺の四柱推命占い師mikata.のブログです。

【mikata.のひとりごと】2017年7月

f:id:mikata-uranai:20170727135121j:plain

2017/7/20

今日から、ひとりごとスペースを設けます。
毎日更新出来るかはわかりませんが、日々の機微を書いていけたら、と思っています。

読者の皆様には、何か些細なことでも構いませんので、
メッセージや感想、ご指摘など、お送りして頂けると嬉しいです。

このブログは、世界の隅っこのような場所です。共感したいのです。

ブログにコメント欄を設置するのは、(罵倒されると)少し怖いので、
今はひとまず、こちらのメールアドレスへ頂ければ幸いです。

mikata.uranai@gmail.com

2017/7/21

昨日はですね、
写真芸術の公募に作品を応募しました。

2016年に制作を始めた作品で、
昨年のうちにもいくつか公募に応募したのですが、全部落選しました。

確かに、自分の運勢を振り返って見てみると、
昨年は、「芸術制作活動」に良い運気で、
今年の方は、「受賞」「人気」の運気が強いのです。

少しでも良い結果が出ると良いです。

占い師としては、
「受賞」の運気を証明したい、という気概もあります。

でも、芸術もコンペティションに関わらず、
スポーツ等、様々な競争において言えることですが、
「受賞」の運気というのは、本人だけの運気を見ても、
なかなか確証のあることは言えないのです。

なぜなら、競争相手の運気を見比べないといけない。

競争に参加した全ての人の中で、
一番運気の良い人、そして見合った努力をした人が受賞できるのです。

なので「受賞」の運気は、
「可能性の強弱」しか見れないんですね。

それでも、未来の情報としては優れていて、
なぜなら本人の運気の中で、
「受賞」の可能性が一番高いタイミングが解るんですから。

「受賞」「人気」「出版」「芸術」の運気は、
【印綬】という星が表しています。

ですので、
その【印綬】の運気が強い年にターニングポイントを置いて、
計画を立てれば良いのです。

mikata.

2017/7/22

ブログ記事がバリ旅行の記事ばかりで、
(バリバリしていてw)すみません。

もう少しでネタも尽きるので、
それまではお付き合い頂ければと思います。

お読み頂いた時に、
どんな風に感じて頂いているのでしょうか。

結構、個人的には面白いと思っているのですが、
もしかすると僕しか楽しんでいない可能性もあります。w

ちなみに、バリの記事は、まとめて一冊の本に纏めようと思っています。
と言っても16Pか32Pくらいのページ数の、ライトなZINEスタイルで。

写真と文章の比率が6:4くらいの、
写真集とエッセイの間の本を想定しています。

mikata.

2017/7/23

Twitterをあまりに適当に運用していたので、フォローの整理をしています。
(フォロワーさんじゃないではなく、僕が"フォローしているアカウントさん"です)

「とりあえず最初は数を増やせばいいや。」と思っていて、
「リフォロー100%」とか「相互フォロー」とか
書いてあるアカウントさんをフォローしたのですが、
結構こちらへのフォローが外されていたりするのですね。

Instagramなんかでもそれは顕著で、
Instagramの場合、僕も「リフォローします」と書いてあるのですが、
(商業的なアカウントを)リフォローした後に、
いつの間にかフォローが外されていることが多いのです。

もちろんフォローを外すことは自由なのですが、
なんだか寂しい気持ちになりますね。

で、やはりそもそも
「お互いに興味のない関係」が増えていっても仕方がないので、
正攻法でやるしかないのだなあと思います。

TwitterでもInstagramでも、SNSで大事なのは、

・共感を生むことを発信する。
・発信数を増やす。
・しつこいくらい同じ主張を発信して、キャラクターを認知させる。
・お互い協力出来る関係を作り合う。

ことなのかなあと思いました。

とにかく速く流れていくタイムラインの中で、
キャラクターを認知してもらわなければいけないのですから。

「占いの人?」
「畑の人?」
「写真の人?」
「文鳥の人?」

僕なんかは興味のある物事が多いので、
印象が分散しやすいのです。

そして、しつこいやり方も、苦手です。

でもちょっと、道筋が見えてきたので、
少しずつ色々と試してみます。

そして、
山田稔明さんの『my favorite things』という曲の中に、
「大きな声や 主語のない述語には なるだけ耳を貸さない方がいい
 美しい言葉と ささやかな願いを 束ねてゆけたならいい」
という想いも忘れずに、頑張っていきます。

mikata.

2017/7/25

「一生分の自信を頂きました。」
という素敵なご感想を、お客様から頂きました。

とても嬉しくて、すぐさま、こちらのページに掲載をさせて頂きました。
良かったらご覧になってください。^^
【四柱推命占い師ミカタの占い鑑定口コミ】お客様の素敵なご感想をご紹介させて頂きます!

今日は占い鑑定2件と、カフエマメヒコさんのワークショップに行って参ります!
頑張るぞー!おー!

(やけにシンプルな文面なのは、下書きで2ネタほど書いたのですが、どちらの文章もボツにしたからです。笑)

mikata.

2017/7/24

なんだか、すごいことになっています。

昨日更新したブログ記事を、
鏡リュウジさんがリツイートして下さって、
アクセス数が急激に上がっております。

たった一つのリツイートで、この影響力。すごいです。
(鏡先生、ありがとうございます。)

ご覧頂く数が増えるということは、
その分、文章の密度も耐久力のあるものでないといけません。

頑張らないと。。!

実は、このブログで同じような数字の上がり方を、一度経験したことがあって、
それは昨年、小沢健二さんがテレビメディアに顔を出された時です。

星野源さん主演の「逃げるは恥だが役に立つ」が流行していた頃に、
「文化系(サブカル系)の王子」として、
小沢健二さんと星野源さんの共通項を、占いの見地から書いた記事がありました。

小沢健二さんの復活と、星野源さんの隆盛が重なり、
このブログは一度、小さなフィーバーをしました。

[一度小さなフィーバーをした記事]
星野源と小沢健二の共通点!ナルチシズムとエンターテイメントの深い関係【音楽と占いのミカタ】

奇しくも、鏡リュウジさんと小沢健二さんは同い年。

こういう見方をしてしまうのは、占い師の癖みたいなものですが、
これからも、お二人の王子様を目標にしながら、頑張っていこうと思います。

mikata.

2017/7/26

雨ですね。特に妊婦さんはお足元にお気をつけください。

というもの、昨日は妊婦さんを占い鑑定させていただきました。

9ヶ月目の大きなお腹を抱えて、カフェまでいらして下さって、
嬉しい気持ち反面、申し訳ない気持ちでもありました。
(お会いするまで、お客様が妊婦さんでいらっしゃるとは全く予想しておりませんでした。)

事前にお客様が妊婦さんだと仰って頂ければ、
お客様の御宅に近いカフェまで伺い、占い鑑定をさせて頂くことも可能です。

ご依頼頂く際に、様々なご事情も備考欄にご記載を頂ければ、
ひとつひとつ、柔軟に対応させて頂きます。

昨日のお客様は、四柱推命の見地では、
「出産に妨害の出やすい特徴」をお持ちでいらっしゃいました。

お腹の中に宿していらっしゃるのは、二人目のお子様だったのですが、
一人目のお子様の時には、水天宮へお参りに行かれ、
難が少なく、無事に出産されたそうなのですが、

二人目のお子様の時には未だ、水天宮へお参りに行かず、
そして逆子でいらっしゃる、つまり妨害の気配が少し顔を覗かせているのです。

(特定宗教に所属していない)四柱推命の占い師の一人としてお伝えさせてください。

「妊娠5ヶ月目の最初の戌の日におこなう安産祈願は必ずしてください。そして、可能であれば水天宮さんへのご参拝をお勧めいたします。」

特定の神社を強く推薦することは憚られますが、
実際に四柱推命観点上の「出産の妨害」を、
水天宮のご利益で軽減出来たケースが多数ございます。

四柱推命では、
「出産の妨害」が出やすい年、
もしくは「安全な妊娠、ご出産」の可能性が高い年も分析でき、
妊娠前に"予めにタイミングを選ぶ"ことは出来るのですが、
"妨害の出やすい時期にしてしまった妊娠"に対する策をご提案することが難しいのです。
ですので、そういった場合は水天宮へのご参拝を必ずアドバイスさせて頂いております。

もう一度言います。

四柱推命上の「出産に対する妨害の性質」をお持ちであろうがなかろうが、

妊娠5ヶ月目の最初の戌の日におこなう安産祈願は必ずしてください。
そして、可能であれば水天宮さんへのご参拝をお勧めいたします。

昨日のお客様は、そのことをお伝えしたところ、すぐに水天宮へご参拝に行ってくださるそうです。

妊婦の皆様、どうか母子共に無事にご出産されることを、お祈り申し上げます。

mikata.

2017/7/31

世界の中心よりも、世界の隅っこにいるような人に、
このブログを読んで頂けると嬉しいのです。

自分の立っている場所の認識は、いかようにも設定出来るもので、

「自分の立つ、この場所こそ、世界の中心である。」と置くことも出来るし、
「自分は、世界の隅っこに、ひっそりと居る。」と思うことも出来ます。

僕は間違いなく後者の人間で、
間違いなくこのブログも、ウェブの世界の隅っこに位置しています。

世界の隅っこの、このブログを見つけて頂いて、ありがとうございます。

大きな声、しつこいほどの自己主張が出来る人が勝つ世界の中で、どうにか生き残っていきましょう。

僕は、隅っこ佇んでいる人を応援したいのです。

mikata.

2017/7/27

昨日の夜、立て続けに2人の友人からメッセージが着まして、
どちらのお話しも、外部環境の変化による「心の動揺」でした。

そういった時は、
ごくありふれた一般論(つまり本人も解っているようなこと)と
占い師としての視点を織り交ぜてお話しするのですが、
やはり何より本人が動揺していることについて、
一度吐き出すことが一番大事なのだと思います。

イメージとしては、「王様の耳はロバの耳」です。
つまり、占い師は、森の中の葦のような役割なのです。

(森の中の葦とは違って、占い師は絶対にプライバシーを守らないといけないですけどね。)

どうしても吐き出したい言葉があって、
でも吐き出す場所がなくて、という時に
現実的な視点と、非現実的な視点をお伝えする。

占い師というお仕事には、そういった役割もあります。

mikata.

2017/7/28

フジロックですね。
土曜日には、小沢健二さんが出演されます。

Twitterのタイムラインには、
フジロック関連のツイートで溢れています。

僕は今回、参戦しないことにしました。

昨年のライブツアー「魔法的」があまりに良かったもので、
それを超越するほどの衝撃を得ることは難しいと思ったからです。

APHEX TWINとかCORNELIUSとかPUNPEEとかTHA BLUE HERBとか、
ライブを聴きたいミュージシャンはいますが、気乗りしなかったので行きませんでした。
しかも坂口恭平さんも、津田大介さん司会のトークライブに出演されるらしいです。

いやあ、、好きな人たちが盛りだくさんなんですけどね。。
逆になんで行かないのだろう。笑

あ。

今年は間に合わなかったのですが、
フジロックの出店に「占い師」として出店できるみたいなので、
来年以降実現したいと思っています。

(でもきっと、ライブを楽しむ間もなく、大変なんだろうなぁ・・)

(そして、どちらかと言うと、フェスはりんご音楽祭の方が好きかもしれない。)

mikata.

2017/7/29

喉に少し違和感があります。
声が少し枯れています。

風邪も流行っているみたいですね。
みなさま、体調には気をつけてくださいね。

疲れていたら、休む。必要です!

mikata.

2017/7/30

フジロックの熱狂、凄かったみたいですね。
羨ましく思いながら、色々なミュージシャンのセットリストを観ておりました。
いやー!雨の中お疲れ様です。
風邪が流行っているみたいなので、体調にはお気をつけください。

僕は今日は、唐突にDIYをしています。

庭の縁側を作るために、ロングベンチを作ります。

久しぶりのDIY。楽しみ、楽しみ。

mikata.