占い師mikata.|吉祥寺|日本人のための四柱推命

吉祥寺の四柱推命占い師mikata.のブログです。

デワさんの運転 - 「神頼み」と「人間の規律」の狭間

デワさんの運転 - 「神頼み」と「人間の規律」の狭間

空港からムンジャンガン(西部国立公園方面)への移動には、
4時間以上のロングドライブが必要で、しかし、
カーチャーターの運転手「デワさん」は、
日本の道路には存在出来ないレベルの「飛ばし屋」だった。

もしバリで死ぬことがあったとしたら、
強盗でも病気でも食中毒でもなく、
きっと交通事故死だろうなと感じるほど、
デワさんの運転は軽快に、スレスレで前方車を追い抜いていく。

f:id:mikata-uranai:20170714163750j:plain

バリの道路には、日本製の車やバイクがたくさん、縦横無尽に走っている。
きっと日本の道路よりも、日本製の車やバイクの乗車比率は高いと思う。

見慣れたメーカーの車が走っていると、少し安心する。

バイクの数が圧倒的に多く、
バリの人は一家に一台ではなく、一人一台。

たくさんのバイクが、車や細道の隙間を縫って、走っていく。

f:id:mikata-uranai:20170714163923j:plain

バリ島の交通が日本と圧倒的に違うところは、
信号が少ないこと、
交通ルールが緩いこと。

バリの人たちが運転している様子を見ていると、
各々の頭の中に「信号や交通ルール」があり、
その差異がクラクションとなって発せられている気がした。

動物的。
カーレースのようで、少し楽しそう。
でもやはり、怖い。

f:id:mikata-uranai:20170714163951j:plain

バリの人は乗車前に必ず、車の中にお供えをする。
今日も事故に遭わないように、神様にお願いするのだ。

それでも、
バリの人口に対する交通事故死者数の割合は、日本の約3倍らしい。
(デンパサール日本国総領事館情報)

日本の規律正しさに対して、窮屈に感じることはあるけれど、
安全面については日本で生活していて良かったと思う。

でも一方で、
皮膚一枚感覚で運転する豪快さにも憧れる。

「神頼み」と「人間の規律」の狭間で思ったこと。

f:id:mikata-uranai:20170714164023j:plain