占い師mikata.|吉祥寺|日本人のための四柱推命

吉祥寺の四柱推命占い師mikata.のブログです。

バリ島の"気"/僕たちも動物/バリの占い師

序文

6月の下旬に1週間ほど、バリ島へ行っていたのですが、
帰国して数週間は、なんだか頭がぼうっとする日々で、
(しかも、長丁場でお腹を壊していたりして、、)
ようやく最近、心も身体も日本に帰ってきたような気がします。

バリ島で感じたこと、日本に帰って来て気づいたことを、
少しずつ、少しずつ想い出に変換しています。

そして、この旅の中で、(未熟ながら)感じたことを、
少しでもお裾分けが出来ればと思います。

f:id:mikata-uranai:20170709195419j:plain

バリ島の"気"

バリの雨量は6月の後半から少なくなってくる。
そして観光のハイシーズンには、未だ差し掛かっていない、
このタイミングの訪れがおすすめらしい。

バリの季節は、雨季と乾季の2つに分かれている。
春、夏、秋、冬、四季の概念が根幹にある四柱推命の知見は、
バリでは参考にならないかもしれない。

異国に来て、最初に触れる空気が、まず始めの体験になる。

日本の空気より、柔らかい。
そして、初めて来た気がしない。

肌に馴染む空気、風。
優しくて、柔らかい。
うん、好い感じ。

土地が発する気と、
植物や、動物や、人が発する温厚な気が、
空気を醸す。

さて、バリの旅。
始まり、始まり。

f:id:mikata-uranai:20170709194256j:plain

僕たちも動物

バリの街(と言うか、東南アジア)は、
動物たちが野放しに、垣根なく同居している。

ニワトリ、イヌ、サル、ネコ、様々なコトリたち、そして、ヒト。

f:id:mikata-uranai:20170709201928j:plain

f:id:mikata-uranai:20170709201947j:plain

街を歩いていると、家から、門から、角から、何が出てくるのか。
ちょっとポケットモンスターみたいで楽しい。

飼い犬ですら、首輪を付けてはいても、放し飼い。
その顔にはストレスが感じられなかった。

もちろん、狂犬病や鳥インフルエンザなど、野放しによる危険性は高い。
でも僕たちはもともと、同居していたのだ。

日本に帰ると、少しの寂しさを感じる。
東南アジアよりも「動物との距離」が、遠い。

f:id:mikata-uranai:20170709201955j:plain

f:id:mikata-uranai:20170709202008j:plain

f:id:mikata-uranai:20170709202034j:plain

次の曲がった角から何か出てこないかな。なんて。
今歩いている道は、かつては動物たちが悠々と闊歩していたのに。
そんな寂しい思いを抱きながら、日本を歩くようになりました。

バリの占い師

バリでは、宗教の中に"占い"が入っている。

この表現が正しいかどうかはわからないが、とにかく、
バリ・ヒンドゥー教の階位制度では、
占い師は「神様の声を聴くことの出来る」地位の高い仕事らしい。

バリの伝統的な(観光客相手ではない、現地の人たちだけを占う)
占い師は手相で観るらしい。

神様からの啓示を、手の皺を観て占う。

いつ結婚できるのか、
子供は何人授かることが出来るのか、
事業は成功するのか、
病気は治るのか、
人生の困難はどのように乗り越えるのか、

f:id:mikata-uranai:20170709202557j:plain

無宗教の僕がもし、「神様の声を聴く」
そんな風に占いをしたら空々しく聴こえるだろうけど、
バリの人から聞く占い師の話しや、神様たちのお話しは違和感がなく、
そしてとても暖かく感じた。

f:id:mikata-uranai:20170709195556j:plain