占い師mikata.|吉祥寺|日本人のための四柱推命

吉祥寺の四柱推命占い師mikata.のブログです。

毎月の運勢の流れを知ると、1年のペース配分がわかります!【四柱推命占い/月運/十二運】

四柱推命占いから見た、月ごとの運勢

f:id:mikata-uranai:20170524123936j:plain

毎月の運勢を判断するためには、十二運(じゅうにうん)という心理状態・性格・エネルギーを表す指標を加味して判断することが大切です。

十二運にはその名の通り、12種類あります。

これは、人の一生になぞらえた指標で、
胎→養→長生→沐浴→冠帯→建禄→帝旺→衰→病→死→墓→絶

人が生まれて、成長して、全盛を迎えて、病気をして、死んで、墓に入って、幽霊になる様子を表しています。
一つ一つの漢字をピックアップすると、少し怖い漢字もありますが、ご心配なさらないで下さい。
※「死」の時に必ず死ぬとか、「墓」の時に必ず墓に入るとか、そういった指標ではありません。笑

毎月の運勢(月運)における、十二運の使い方

人それぞれ、十二運の順番と、始まりの星が違います。
例えば、


胎→養→長生→沐浴→冠帯→建禄→帝旺→衰→病→死→墓→絶

絶→墓→死→病→衰→帝旺→建禄→冠帯→沐浴→長生→養→胎

のように、めぐり方が順番通りだったり、逆順であったり、

からスタート/順)
→墓→絶→胎→養→長生→沐浴→冠帯→建禄→帝旺→衰→病
帝旺からスタート/逆)
帝旺→建禄→冠帯→沐浴→長生→養→胎→絶→墓→死→病→衰

のように始まりが人によって違います。

ですので、まず大事なことは、
エネルギーが高まっている時期を知ることです。

エネルギーが高まっている時期
長生→沐浴→冠帯→建禄→帝旺
帝旺→建禄→冠帯→沐浴→長生

上記5つの流れを1年のピークポイントと設定します。
いわゆるエネルギーが充満した、過ごしやすい時期とも言えると思います。

このことを知ることによって、1年の流れをどう組み立てるかが見えてくるのです。

f:id:mikata-uranai:20170529163855j:plain

十二運について

<胎(たい)>
母親のお腹の中に宿るとき。胎内。
胎内なので、行動力はあまりない。
企画や計画をして、行動の指針を立てる月。

<養(よう)>
母親のお腹の中で、養われている状態。
用意周到に準備をする月。
スローペースに丁寧な作業ができます。

<長生(ちょうせい)>
母親から産まれ、産まれた瞬間。
目に触れるもの全てが初めてなので、
偏見なく、合理的に判断することが出来る。
成長をする月。臨機応変さがあります。

<沐浴>
産湯に浸かり、行動をし始めるとき。
行動力抜群。積極性があります。
異性との関わりが活発になる月でもあります。

<冠帯>
他者とのコミュニケーションをとり始める段階。
外面を意識し出す。
コミュニケーションが活発になる月。

<建禄>
権威を得る時。他者から認められます。
堅実に、粘り強く目標を達成できる月。

<帝旺>
エネルギー最高潮。
プラス思考で、人生を発展的に進めることが出来る月。

<衰>
頂点を迎えた後、少しずつエネルギーが衰えていく段階。
クールダウンする月。現状を把握し、振り返る。

<病>
エネルギーが衰え、病気になっていく。
マイナス思考、神経質になりやすい月。
細やかな視点あり。

<死>
エネルギーは消失する時、少し強い光を放つ。
行動力あり。不言実行の月。

<墓>
エネルギーを喪失し、墓に入っていく。
無駄な労力を節約する月。

<絶>
幽霊となり。感性の世界へ。
勘が働く月。突発的な行動が多い。
芸術的な触れ合い。