占い師ミカタ|吉祥寺|日本人のための四柱推命

吉祥寺の四柱推命占い師ミカタのブログです。

トマト/トンカツ屋とペヤング

f:id:mikata-uranai:20170824153759j:plain

 

トマト(旬を意識すること)

 

近所のトンカツ屋が閉店になってしまった。

店のシャッターには、「閉店します」という貼り紙が一つ。

 

別段、通い詰めていたお店ではなく、
結局一度しか訪れることはなかったのだが、

その「知らせ」はとても僕の胸を締め付けた。

 

最初にトンカツ屋に訪れたのは、
少し遡って、2014年の暮れだった。

 

外観や看板の雰囲気から、だいたいの味は想像つく。

「ここはきっと、美味しい料理店だろう。」

いつものように直感を信じて、入ってみたのだ。

 

店内は昭和の雰囲気そのままで、
家と店が一体になっている、いわゆる昔の造りだ。

 

ロースカツ定食を注文すると突然、
豚肉の大きな塊を持った店主が僕に話し出した。

「肉にも色々あってな、ここの部位は特に甘みが強いんだ。」

 

こういった出来事は良くあることで、

なぜか、僕は店の人によく話しかけられる。

 

「へえ!そうなのですね。それは美味しそうだ。」

と相槌を打つ。

 

店主は更に饒舌になり、
肉の切り方、カツの揚げ方、米の炊き方などなど、

(「果たして客に、そこまで話してもいいものなのか?」と感じるほど)

店のこだわりを話し始めた。

 

その中で特に印象に残った言葉は、
トマトについてのこだわりだった。

「俺はな、トマトは春夏にしか食べねえんだ。だから店でも春夏にしかトマトは出さない。」

「旬ってものは大切にしないといけねえ。俺は温室で育てられた冬のトマトなんて食べねえんだ。そういうところから、人はダメになる。」

 

あの頃、畑に関心を抱いていた僕は、

店主に深く同意したことを、鮮明に憶えている。

 

 

 

...............

 

トンカツ屋とペヤング

f:id:mikata-uranai:20180326183531j:plain

 

店主の親父の饒舌な話を聞きながら、
ロースカツ定食に舌鼓を打つ。

 

やはり最高に美味しく、

ご飯は美味しく炊かれ、
最高の揚げ具合で肉の甘みが引き立ったカツを口に運ぶ。

 

僕が町のトンカツ屋に行って、
いつも点検するのは「キャベツの匂い」だ。

いわゆる一般的なチェーン店のトンカツ屋のキャベツは臭い。
消毒液のような臭いを感じることが多い。

もちろん、この店のキャベツは消毒液の匂いはしない。

 

気分が下がることもなく、食を進めていった

 

が、、その時。

 

カウンターの壁に貼られたメニュー表に何かが蠢いた。

 

(文字だけでも苦手な方がいらっしゃると思うので、ここから先は自己責任で。文章中に"あの虫"が出ます。)

.

.

.

.

 

 

 

そう。
それは飲食店の大敵、ゴキブリである。

 

まだあれは茶色く、子供のサイズだったと思うのだが、

続いて2,3匹が壁面を歩いている姿を確認した。

(一匹を見つけると何故か続けて発見してしまう不思議・・。)

 

 

 

僕も、ゴキブリは得意じゃない。

(最早得意な人なんて、日本には中々いないだろうけど。)

 

でもあの時なぜか、
僕はゴキブリの出現を驚かなかったのだ。 

 

 

ちょうどその時期、

テレビニュースでは「ペヤングのゴキブリ混入事故」が連日報道されていた。

 

僕はこの報道規模の大きさに違和感を憶えていた。

 

 

トンカツ屋のゴキブリ、
ペヤングのゴキブリ。

 

この二つが示唆したもの。

 

 

振り返ってみると、僕はこう思う。

 

もちろん、食べ物に虫は混入して欲しくない。

 

 

消毒・異物混入の危険性がないよう徹底された工場で、
商品に虫が混入することは世間を騒がせるほどの一大事だ。

 

それでも、
食べ物の周りに虫が寄ってくるのは、本来当たり前のことだ。

 

何だって世間があんなに大騒ぎをする必要は無かったと思う。
 

僕があの時トンカツ屋で(それほど)驚かなかったのは、
"店"と"虫"のコントラストが低かったのが原因なのではないかと思う。

 

つまり隙間の多いボロ家に虫がいるなんて当たり前で、
ある種、あのゴキブリは風景のように当たり前に存在していたのだ。

 

 

 

 

 

きっとペヤングの味とあのトンカツの味は、
対極の所に居る。

 

もちろん飲食店としては、
「味も美味しくて、店も綺麗である。」ことが最も重要だ。

 

でもあの出来事はきっと、
その対極の狭間の"何か"を僕に考えさせてくれたのだ。

 

 

ゴキブリが当たり前に出てくる家には住みたくないし、

だからと言って、ペヤングのような食べ物を食べ続ける生活も嫌だ。

 

世界において物事は極端に進んでいくが、

その中でどう生きるかを常に考えていかなければならない。

メニュー

ホームご予約四柱推命占い鑑定プロフィール割引キャンペーンお問い合わせ

コラム
占い写真鳥が好き旅行記

SNS
f:id:mikata-uranai:20180216120829p:plain f:id:mikata-uranai:20180216120834p:plain f:id:mikata-uranai:20180216120837p:plain

mikata.のひとりごと
2018年|12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2017年|12月11月10月9月8月7月