占い師ミカタ|吉祥寺|四柱推命鑑定専門占い師mikata.

吉祥寺の四柱推命占い師ミカタのブログです。

f:id:mikata-uranai:20181110171145p:plain
ご予約四柱推命占い鑑定メール鑑定
プロフィール割引キャンペーンお問い合わせ
f:id:mikata-uranai:20190115110447j:plainf:id:mikata-uranai:20181112000359p:plain 美しい完成品の存在と...

コラム|占い写真生活

占い師は複数の占術を使えた方がいいの?

占い書籍や占い教室など占いを学ぶ環境が整い、

現代は色々な占術を学ぶことができる時代になりました。

 

一つの占術を学ぶことが容易になった今、

果たして占い師は複数占術を駆使しないといけないのでしょうか?

 

僕が思う占術数について、お話しをさせて頂きます。

占い鑑定所に所属するためには、2つ以上の占術が必要

街の占い鑑定所に所属する場合は、

そもそも2つ以上の占術を使えることが条件になる場合が多いそうです。

 

鑑定所に所属する占い師のプロフィールは、

占術数の多さで優秀さをアピールします。

 

鑑定所に所属する場合は、

占術は多ければ多いほど良いようです。

 

例えば、

・素質や性格は西洋占星術

・仕事運は四柱推命

・方位は九星気学

・具体的なYES/NOはタロット

のように、

相談内容によって占術を使い分けている占い師さんが多いのです。

フリーランス占い師なら1つだけを特化して極めても良し

とはいえ、「占術が多ければ多いほど良い」は鑑定所内の競争だけの指標です。

 

フリーランス占い師の場合は占術が1つだけでも、

特化して極めていれば十分にアピール材料になります。

 

例えばブログ記事を書く時に、

複数占術を浅く広く書くよりも、

一つの占術を深く書いていくことによって、

信頼感やアピール力が変わってきます。

 

逆に占術数が多ければ多いほど印象が薄まってしまうので、

もし複数占術を持っていたとしても、メイン占術をしっかりとアピールした方が良いと思います。

ブログ集客用占術と鑑定用占術に分けてもOK

例えば占術の性質によって、

【ブログコンテンツにしやすい占術】

【鑑定向きの占術】

の違いがあります。

 

例えば僕の場合、

ブログコンテンツにしやすい占術として九星気学を、

鑑定時の占術として四柱推命を使い分けています。

 

このように使用シーンによって、

占術を使い分けても良いかもしれません。

\【限定10名】占い師さん向けコンサルティング実施中/

メニュー

ホームご予約四柱推命占い鑑定プロフィール割引キャンペーンお問い合わせ

コラム
占い写真鳥が好き旅行記

SNS
f:id:mikata-uranai:20180216120829p:plain f:id:mikata-uranai:20180216120834p:plain f:id:mikata-uranai:20180216120837p:plain

mikata.のひとりごと
2019年|1月
2018年|12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月
2017年|12月11月10月9月8月7月

©2016-2019 mikata. プライバシーポリシー