占い師ミカタ|四柱推命|東京(新宿・渋谷・吉祥寺)

四柱推命占い師ミカタのブログです。

思考のピント/完全に離れてみることの重要性について

眼が疲れていると視力が下がって、

ピントが合いにくい。 

パソコンの画面に焦点が合わず、

仕事に集中できない。

 

思考のピントが合わない時は、

もっと辛い。

何をやればいいのか分からず、

バラバラになった心と身体が行き場を失くしてしまうんだ。

 

思考のピント/一度完全に離れてみることの重要性について

 

どんなに優秀な人にだって時折、

思考のピントが合わない時が来る。

 

(本当に今取り組んでいることは正しいのか・・?)

(自分が目指すべき方向は合っているのか・・?)

 

僕はこの状態を、

「更新プログラムのインストール中」と呼び、

 

こういった時期は、

異常に眠い期間が続いたり、

意識的に生きることが難しい期間が続くのだ。

 

自由に身体も心も動かせないもどかしさ。ストレス。

 

止まってしまっている自分と、

常に動いている社会。

 

見比べてしまい、

落ち込んでしまうこともあるだろう。

 

常に思考が濁らずにクリアーでいることは難しい。

まずは、立ち止まってしまう自分を受け入れることが重要なんだ。

 

思考のピント/一度完全に離れてみることの重要性について

 

 

お盆、夏休み、年末年始、大型連休。

強制的に社会がスローダウンさせる期間。

 

人によっては遊びに邁進し、

人によってはひたすら休息に宛て、

人によっては立ち止まることが辛い期間でもある。

 

でも、こういう時こそ人生においては大切で、

自分の生活環境や会社、仕事から離れることが大切なのだ。

 

完全にフラットになることは難しいかもしれないが、

己に立ち返ることの出来るチャンスと捉えることが重要である。

 

何処にも所属していない、誰にも縛られていない状態で、

もう一度自分が「どのように生きていきたいか」を考えるんだ。

 

なるべくであれば、身内からも少し離れられる

「完全に一人な」時間があると良いだろう。

 

思考のピント/一度完全に離れてみることの重要性について

 

僕たちには、一人一人の輪郭があり、

皮膚で隔たっていて、それぞれの意識がある。

 

しかしながら、

家族と過ごしていたり、

会社に出勤したり、

他者と協働すると意識が混ざり合ってしまう。

 

完全に一人の時が「自意識100%」だとすれば、

他者と一緒にいるときは「自意識50%」の意思が他者に混ざり、

「他者の意識50%」の意思が自分と混ざり合ってしまう。

 

ヒトは集団的な動物だ。

他者と同じ空間に居て、完全に自意識の純度を保つことは難しい。

 

「自意識100%」の時間に、本当の自分と向き合える。

だからこそ旅行や夜の散歩が重要なんだ。

 

人生に迷ったら、

いまの環境から完全に離れてみることの重要性について、

考えて実践してみると良いと思うんだ。

 

占い師ミカタ
占い師ミカタ

この度は占い師ミカタの記事をお読み頂きまして、誠にありがとうございます^^
数あるブログの中から見つけ出して頂いて、とても嬉しいです。

 


<おすすめ記事はこちらへ>

鑑定のご予約 ●四柱推命鑑定について ●メール鑑定

プロフィール ●口コミ・レビュー ●占い手帖とは?

名前の由来 ●占い鑑定に行ったことがない人へ