占い師ミカタ|四柱推命|東京(新宿・渋谷・吉祥寺)

四柱推命占い師ミカタのブログです。

表情が伝えるもの、水面下の物語。

僕の占い鑑定にお越し頂いたら、

必ずお客さんを笑顔にしたい。

 

お笑い芸人ではないから、

"大笑い"させることとは少し違うかもしれないけれども、

 

一瞬でいい。

 

どんなにしかめっ面でも、

硬い表情を緩めさせたいのだ。

 

表情が伝えるもの、水面下の物語。

 

僕は電車に乗るのが苦手で、

先頭車両もしくは窓際で景色を眺めることにしている。

 

電車が苦手な理由の一つに、

車内の乗客たちの表情を一人一人眺めて、

 

(この人は、随分疲れているなあ。。)

(この人は、何故こんなに怒った表情をしているのだろう。。)

(この人は、悲しいことがあったのかな。。)

 

というように、

表情からその人の状態や人生を推測してしまう

変な癖が作動してしまうことにある。

 

意外と電車内は、

他人の無意識の表情に溢れているのだ。

 

表情が伝えるもの、水面下の物語。

 

電車内で色々な人の顔を眺めていると、

「人の顔というものは、普段の表情から作り上げられているのではないか。」

と感じることがある。

 

つまり、

怒った表情でいる時間が多ければ、

眼は強張り、眉毛はつり上がっていく。

 

悲しい表情でいる時間が多ければ、

顔は生気を失い、眉毛は下がっていく。

 

逆に「良い顔」をしている人は、

良い表情の時間が長いのだろう。

 

たとえ水面を眺めた時に底が見えなかったとしても、

きっと表情が何かを物語ることはあると思うんだ。

 

表情が伝えるもの、水面下の物語。

 

僕だって良い顔、良い表情で

毎日を過ごしたいと思っている。

 

いつも良い表情の方が好ましいのは当たり前だ。

 

でも、人生には色々と望まないことが起きてしまう。

 

お客さんの顔色が曇っているのも、

きっと何か理由があるのだろう。

 

その何かを吸い出して、

少しでもフラットな状態に、

欲を言えば少し上向きな状態にしたいのだ。

 

表情が伝えるもの、水面下の物語。 表情が伝えるもの、水面下の物語。

表情が伝えるもの、水面下の物語。 表情が伝えるもの、水面下の物語。

 

仏様の表情にも様々な種類があって、

 

人々を苦難から救う慈悲相の「菩薩」は、優しいほとけ。

仏教の真理を体現する厳かな「如来」は、厳しいほとけ。

教えに従わない者を屈服させる「明王」は、怖いほとけ。

 

石像や絵画に描かれた仏様の表情が、

人々に対してどのように教えを説いていたかを物語っている。

 

仏様にだって、

色々な感情があるのだ。

 

人間にも、

色々な表情があるように。

 

悲喜こもごもの人生の中で、

 

なるべくであれば

良い表情で他者と接したい、

良い表情で誰かの記憶に残りたい、

良い表情で最期を迎えたい、 

そう思ったのだ。

 

その為には日々、

自分の感情と向き合い、

心をメンテナンスしていく。

 

そして、

お客様とお会いした時に、

良い表情だと思われるように心掛けるのだ。

 

占い師ミカタ
占い師ミカタ

この度は占い師ミカタの記事をお読み頂きまして、誠にありがとうございます^^
数あるブログの中から見つけ出して頂いて、とても嬉しいです。

 


<おすすめ記事はこちらへ>

鑑定のご予約 ●四柱推命鑑定について ●メール鑑定

プロフィール ●口コミ・レビュー ●占い手帖とは?

名前の由来 ●占い鑑定に行ったことがない人へ