占い師ミカタ|四柱推命|東京(新宿・渋谷・吉祥寺)

四柱推命占い師ミカタのブログです。

"戒め"の機能について

占いの言葉の中には時折、

"戒め"としての機能が含まれている。

 

占い師としては、

この"戒め"の匙加減を非常に難しく感じることが多い。

 

正直に打ち明けると、

ほとんどと言って良いほど、

"戒め"の意味合いを言葉に預けることはない。

 

この難解な研究課題について、

一生きっと頭を悩ますのだと思う。

 

f:id:mikata-uranai:20210718151430j:plain

 

ひと昔前、

"戒め"は容易に機能したのだろう。

 

結婚が家同士を結び付ける儀式であった時代に、

受動的な二人を強制的に結びつける為には数々の"戒め"が機能する。

 

右肩上がりの大量消費・大量生産時代に、

大人しく司令を遂行する社員を動かす為に機能していた"戒め"のように。

 

人々をその場に足止めする言葉は、きっと錨のように、

そこかしこのコンクリートの海底に投げられていたのだろう。

 

 

f:id:mikata-uranai:20210718151606j:plain

 

しかし今は時代が違う。

 

結婚は自由恋愛の時代に、

仕事は上司が明確な道を指し示してくれるものではなくなった。

 

そんな時に果たして、

"戒め"の言葉たちがどのように機能するのだろうか。

 

自ら進んでいかなければいけない時に、

足止めになりかねない言葉を渡して良いものだろうか。

 

しかしながら、その"戒め"の言葉たちは、

目的地までの危険な箇所を照らしてくれるかもしれない。

 

そんな葛藤を抱えながら、

言葉を慎重に選んでいく。

 

f:id:mikata-uranai:20210718151520j:plain

 

「何か気をつけた方が良いことってありますか…?」

 

占い師を仕事にしていると、

時折この質問をいただくことがある。

 

その度に現代における"戒め"の機能について、

頭を巡らせるのだ。

 

f:id:mikata-uranai:20210718152011j:plain