占い師ミカタ|四柱推命|東京(新宿・渋谷・吉祥寺)

四柱推命占い師ミカタのブログです。

生きる液体、四柱推命的アニミズム。

四柱推命は、

人を自然物に喩えて分類する。

 

あなたは、樹木のような人ですね。

君は、炎のような人だね。

僕は、川のような人かもしれないね。

 

これが僕が四柱推命を好きな理由なのかもしれない。

アニミズム的でとても好い。

 

現代人は、

人と人の間で苦しむことが多い。

 

四柱推命に触れることで

一旦、人間から離れて、

自分を自然物に置き換えることで、

悩みの一端から離れることが出来るのだ。

 

人の間で苦しんでいる時、

ややこしい自意識なんて捨て去ってしまって、

 

「動物になって、無垢に生きていきたい。」

 

と思ったことのある人ってどれ位いるのだろう?

もちろん僕もそのうちの一人だ。

 

生きる液体、流動体、四柱推命的アニムズム。

 

しかしながら、

占い鑑定で色々な自然物に喩えて説明しながら、

ふと思う。

 

「とは言えど、実はみんな、ほとんど液体なんだよな。」

と。

 

たとえその人を四柱推命的に

 

太陽に喩えようと、

岩石に喩えようと、

宝石に喩えようと、

 

人間の中身を科学的に覗くと、

大部分が「水分」で構成されているのである。

 

人間の50%〜75%は水分で出来ているのだ。

 

生きる液体、流動体、四柱推命的アニムズム。

 

四柱推命(五行論)から考えると、

「水」は変化に強い。変化のスピードが速い。

 

なぜなら、

「水」はどのような形の器に入れられても、

その形をなぞるように、器に収まることが出来る。

 

これが「水」の変化対応力たる所以だ。

 

確かに四柱推命(五行論)的にも、

「水」の性質を持つ人は変化のスピードが速い。

 

しかしながら、

四柱推命でどんな星を持っていても、

人間の50%以上は「水分」なんだ。

 

つまり、

「水」の持つ柔軟性や変化の速さは、

みんなが持っている能力なのだ。

 

固定した自分など、

いない。

 

昨日の自分と今日の自分は違う「水」かもしれないし、

明日の自分、来年の自分、10年後の自分はきっと全く違う「水」なのだ。

 

自分のことを流動体だと捉えることで、

容易に変化できるようになるかもしれない。

 

生きる液体、流動体、四柱推命的アニムズム。

 

人間の水分量は、

年齢を重ねるごとに変わっていく。

 

胎児の時は約90%、

子どもの時は約70%、

成人の時は約60~65%、

老人の時は約50~55%。

 

確かに、

年を重ねると変化が億劫になるのも

解る気がする。

 

年齢を重ねると、

水分量は減っていくのだ。

 

とは言え、

老人でさえ50%以上は水分。

 

半分以上は変化させることが出来るのかもしれない。

そう考えると、別に加齢は怖くない。

 

きっと、

気の持ち方でいくらでも変化をし続けることは出来るだろう。

 

僕たちの中身は固体ではない。

流動体なんだ。

 

流動的に人生を変化させて、

新しく生まれ変わり続けよう。

 

 

占い師ミカタ
占い師ミカタ

この度は占い師ミカタの記事をお読み頂きまして、誠にありがとうございます^^
数あるブログの中から見つけ出して頂いて、とても嬉しいです。

 


<おすすめ記事はこちらへ>

鑑定のご予約 ●四柱推命鑑定について ●メール鑑定

プロフィール ●口コミ・レビュー ●占い手帖とは?

名前の由来 ●占い鑑定に行ったことがない人へ